fc2ブログ

食べたり撮ったり遊んだり

食べたもの見たものを撮ってみました。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

地震 

このたびの大震災に、何も出来ない虚しさが込み上げてきます
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災地の方々の心痛を慮り、
少しでも安心できる状況になることを祈るばかりです。

一刻も早い復興を・・・

節電や義援金など、出来ることからやっていきたいと思います。
こんな状況で、何が正しいのか、どの方法がいいのか、色々な考えがありますが
自分にできそうで、こんなことをやってみたらどうだろう?と思った事は、
考えて終わりにせず、できるだけ行動して少しでも結果につなげられたらと思います。

そして今、西日本が元気で普段と変わらない生活をすることで、東日本を支えることが
出来る、経済も回る。 日本が元気になる。
事態を理解した上で、普段どおりの生活をすることも
被災地で日々がんばっている人々を支援する一つの方法なのかもしれません。

色々と考えながらも、このブログも普段どおりにぼちぼちと更新していきたいと思います。

スポンサーサイト



△page top

自家焙煎珈琲カフェ・ヴェルディ 

『カフェ・ヴェルディ』 は、雑誌の珈琲特集などでは必ずと言ってよいほど登場する京都の有名店。
以前訪れとても美味しかったのだけれど、場所が若干不便なのでなかなか行けない

お店では年に数回珈琲教室が開催されていて、今回うまいことタイミングが合って先月行って来た。
この日は、四条河原町から徒歩で往復。行きは途中で遅めのランチを食べたりしながらだったけど、帰りはまっすぐ歩いてだいたい1時間ぐらいだったかな

996.jpg

開始15分前に無事到着。

996②

珈琲豆がずら~っと。

996③

珈琲教室は、講義形式による「珈琲の基礎知識」「焙煎見学」「抽出の実習」。
まずは店主さんの丁寧な説明、そして合間には3回の飲み比べ。

996④

同じ産地で違う品種のもの、同じ豆で焙煎違い(浅煎り・深煎り)のもの、同じ豆で焙煎直後と2~3日後のもの。どれも違いがはっきり判る、そして人によって好みが分かれる。

焙煎は、最初から最後までしっかり見学。これまでいくつか珈琲教室には行っているけど、焙煎を見せてもらったのは初めてだったのでかな~り面白かった

996⑤

焙煎途中に、焙煎度合いを何度か確認。

996⑥

焙煎が完了し、一気に冷却箱に流して回しながら熱を取る。

996⑦

焙煎後のハンドピック、これめっちゃめんどくさそう

996⑧

続いて抽出の実習、まずは店主さんの実演。

996⑨

第一のポイントは、この姿勢 必ず腰に手を当てて~(ほんとにそう言ってた 笑)
軽やかに~。

996⑩

そして、各自一杯づつ実習。これが、やはり難しい訳だけど

996⑪

自分の淹れた珈琲を、お菓子と共にいただく 味は、、まあ豆がいいからそれなりに

996⑫

こちらはお土産に一人一つづつ頂いた、5段階の焙煎の豆のサンプル。
あと実習の時に使った、特製のエプロンも頂いた

996⑬

最後の質問コーナーもなんだか色々と盛り上がり、とても楽しいかった。
また、行きたいなぁ。

△page top