fc2ブログ

食べたり撮ったり遊んだり

食べたもの見たものを撮ってみました。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

喫茶 探偵 

気になっていた京都の東大路通と御蔭通の交差点近くにある、
『喫茶 探偵』へ。

999.jpg

こちらは、映画監督 林海象さんのお店で朝~夕方は喫茶店、晩はBarとして営業している。
林監督といえば、『私立探偵 濱マイク』 を思い出す。
独特な世界の不思議喫茶かな~ と色々と妄想?しながら行ってみたのだけどわりと普通にいい感じの喫茶店(笑)

999②

入り口近くは明るくてゆったりとした雰囲気。
怪しげなひげのマスターが珈琲を淹れているはず!とか勝手に思っていたけど 実際はほんわかした女性が淹れていた(笑)

999③

が、しかし奥の方はちょっと暗めでなにやら色々と面白そうなもの満載。

999④

探偵十訓

999⑤

後で知ったのだけど、実は奥の本棚の向こうには「隠し部屋」があったらしい。

丁寧にドリップされた珈琲は、深入りで苦味のある味わいで美味しかった。
懐かしいガラスの器に入ってでてきた昭和プリンも、あっさり目で生クリームがとろっとかかっていてなかなか

999⑥

裏口のドアにはこんな古い切抜きが貼られてたり、まだまだ発見がありそう。

999⑦

とっても居心地の良いお店だったので、また行ってみよう。次は、探偵カレーなるものを食べてみたいな。
お隣の上海バンドという謎の店も気になるが・・・。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



△page top

茶寮ぎょくえん 

私的に一番美味しいと思っているかき氷が食べられるお店
『茶寮ぎょくえん』

100620.jpg

かき氷は例年5月~10月頃にやっているのだけど、今年は5月は肌寒い日が多かったからどうだったんだろう?
今日は蒸し暑く、京都に着くなりこちらへ直行。ここ数年行列ができることが多いのだけど、開店直後だったのですんなり入店。

店内は4人がけのテーブル席3つとこちらの座敷(とは名ばかりの小さな畳席)1つと、とてもこじんまりとした店なので行列ができていると結構待ち時間があるのでラッキー

100620②

黒みつミルク

100620⑤

これがとにかく美味しい!黒みつとミルクでキャラメルのようだし
なんといっても、氷のふわふわ具合が素晴らしい

こちら連れが頼んだ、クリーム白玉あんみつ
100620④

そういえばこちらの店でかき氷以外のものを食べたのは初めて
寒天が美味しい!あんも白玉もいい!でも、かき氷を食べつつだったから妙にぬるく感じてしまう(笑)

やっぱり、かき氷だな~
今年は何回食べられるだろうか。

△page top

六曜社 -地下店- 

河原町三条にある有名店、1950年創業の 『六曜社』 地下店。

100208.jpg

味のあるタイルの壁を見ながら降りていく。

100208②

テーブル席3つとカウンター席は、すぐにいっぱいになってしまうので覗いても入れないことも多いが、
この日は良いタイミングで、するっとテーブル席へ。

ハウスブレンドコーヒー
一瞬薄い?と思うぐらい、なんだか透明感がある。
もちろん薄くはなく、バランスの良い苦味とコクを感じつつさらりと飲める。

100208④

美味しい そしてこの手作りドーナツも
温められて出てくるのが嬉しい、外はカリカリ中はもっちり。甘すぎずかなり好み!

100208⑤

店内は妙に落ち着く薄暗さ (笑)
カウンター席は、バーのよう (実際、18時からバー営業 店主のお兄さんがされているらしい)

100208③

このかわいいマッチはつい持って帰りたくなるんだけど、既に家にあるし・・・
いくつも持って帰ってどうするんだ~と今回は自重

100208⑥

マッチがあるという事は、もちろん喫煙可。煙草の煙は苦手なので禁煙or分煙じゃない喫茶店に入るのはある意味賭け、この日は勝ち (笑) 最近こういう雰囲気の喫茶店が好きなだけに、ちょっと悩ましい賭け。

さて、店主が毎晩自宅の焙煎機で必要な分だけ焼いているという、豆も購入
とにかく豆は鮮度が大事、1週間分ぐらいまでで飲みきるのがベストとテーブルの紙に書いてあったし
100gだけ。 もっと近かったらなぁ。

100208⑦

△page top

築地 

京都だけど『築地』さとと-汗
四条河原町の一本北の路地を東に入ると現れる、昭和9年創業の老舗喫茶店。
カラフルなタイルが埋め込まれ、かなり不思議な味のあるたたずまいの建物。

091226.jpg

店内は薄暗く、壁も椅子も置かれているものすべて重みのある古さ。
階段を上がると意外と広く、微妙に仕切られた小部屋のようになった奥の席へ。

091226②

赤いビロードの椅子はひじ掛け付の立派なものもあるのだけど、とにかく椅子に比べて机がやたら細長く小さいのが不思議(笑)

このお店で珈琲といえば、ウィンナコーヒーらしいけど(頼めるがメニューにも普通の珈琲は載っていない)
ケーキを頼んだので、普通の珈琲を。(ミルクは付いてこない)

091226③

わりとしっかりしたタイプの珈琲。チーズケーキはあっさりした感じ。
チョコレートケーキの方が、クリームとスポンジが層になったバランスが良くチョコの層もあって好み。

名曲喫茶ということで、結構な音量でクラッシックが流れる。
この日はワルツが多く、かなり賑やかな雰囲気の中まったりと。この非日常な空間、いいねぇ。

△page top

一善や 

京都で好きなケーキ屋さんの一つ 『一善や』
白川通りから東鞍馬口通りを西に入った場所で、大きな看板もないシンプルなたたずまい。

091118.jpg

入口のショーケースにあるケーキはどれも美味しそうで、買って帰りたいところなんだけど場所が場所だけに、散策途中とかに寄ることばかりなのでいつも併設のカフェで。
このカフェが和風だけど和すぎず、とてもすっきりとしていて落ち着いて居心地がいい。

091118②

ケーキ屋さん併設のカフェでこういう雰囲気のところはありそうでなかなかない。

さて、私が選んだのはモンブラン

091118③

連れが選んだのは、シュークリーム

091118④

そして何故かもう一つ(笑) 生キャラメルエクレア

091118⑤

絵的に、華やかじゃないものばかり選んでしまったけれど秋色と言うことで・・・
こちらのケーキは、素材にこだわりどれも甘さ控えめでオトナ味。
どれも美味しかったGOOD

ところでお店の数件隣にある、まるで和菓子屋さんのようなこちら・・・

091118⑥

実はここがケーキ工房
窓からケーキを焼いたり、デコレーションしている様子が覗けて楽しい。

すべてにおいて、シンプルだけどこだわりを感じる。


△page top